相談内容

私は30代後半の主婦で、夫は一回り年上です。
年齢的に子供は無理だと思って、望まない方向で結婚しましたが授かってしまいました。
ただ自分自身が強く望んでいなかったために最初から不安はありましたが、双方の両親が喜んでいて、堕胎は考えれませんでした。
夫は古風な考え方をする義母に育てられて、優しいですが家事全般は女の仕事だと子供の頃から植え付けられて手伝いもしません。
妊娠をきっかけに仕事を辞めて専業主婦となったので環境的には楽だと思われるかもしれませんが、夫は気遣いの言葉はかけるも行動は伴わず、出産後もワンオペ状態が続き、心身共に疲れ果てました。
子育てだけではなく夫の世話も必要で、専業主婦なら当たり前だと言われるのが辛いです。
確かにシンママや共働きに比べれば些細な悩みかもしれませんが、この後も同じ生活が続くかと思うと憂鬱で、解決方法が知りたいと思っています。

カウンセラーからのメッセージ

はじめて相談に来られた時は、結婚や出産について前向きにとらえることが出来ない状態でした。
出産や子育ては、本当は喜びたいことなのに、素直に喜べない自分に戸惑っている様子でした。
男性と女性の役割や仕事について、お互いに考えがあるというのは分かっていたけれど、いざ、出産して子どもが出来たとき、夫婦で嬉しいことも大変なことも共有できないことがここまで辛いのかと。
まずは、1回目のカウンセリングで、最初の目標として、相談者様がこれからどうしたいのかということを考えていただきました。
自分の考えをまとめ、夫婦で話をする時間を増やして子どものことを話をし、少しずつ子育てに参加してもらう ということになりました。
カウンセリング前までは、「何もしてくれない、分かってくれない」ということばかりを考えて、夫へ何をしてほしいのかを伝えることを諦めていたそうです。
カウンセリングのコース終了後は、ご主人がお休みの日に子供と二人で公園に遊びに行くようになったそうです。
毎週数時間だけでも一人でゆっくりできる時間が持てるようになって、これまでのストレスだらけの育児から、夫婦で協力した子育てに変わりました。

カウンセリングメニュー・コース

子育て・夫婦間などストレスから解放されたい人のためのカウンセリング
15回