相談内容

30代、現在主人と2人の子供と暮らしています。
結婚当初から子供を望んでいたためすぐに妊活を始め、しばらくして不妊治療で病院に通いました。
タイミング法から人工授精、様々な治療を行いました。
中でも卵管の詰まりが考えられるとのことで卵管造影を行いましたが、これがもの凄く痛い検査で、その後2日ほど全身の痛みに苦しみました。
これで妊娠すればと思いましたが妊娠せず、カウンセラーの先生の勧めで、治療開始から1年程たって少し治療を休むことにしました。
リラックスして妊活のことを忘れて過ごしていたら体調がどうもおかしくなって、まさかと思い検査薬で調べたら妊娠が判明しました。
妊娠しなければ、というストレスが私には良くなかったのかもしれません。
妊活期間は長く感じましたが、振り返って見ると約2年程で子供を授かることができました。

カウンセラーからのメッセージ

妊活をはじめて1年ほど経ったころに相談に来られました。
様々な治療を経験し、心身ともに疲弊しているのがとても伝わりました。
婦人科の先生から「一度妊活をお休みしてみてもいいですよ」と言われ、続けるべきかどうか悩んでいたそうです。
私からも「一度、ストレスから解放されてみると、いい結果につながるかもしれません」とお伝えさせていただきました。
休みたい気持ちと、休んでもいいのかという気持ちが入り交ざって、正しい判断ができているかどうか不安だったようです。
「辞めるわけではなく、頑張れるようになるまで心と体を休めてあげる」という考えになり、思い切って妊活を休むことができたそうです。

カウンセリングメニュー・コース

妊活疲れ・流産・中絶の罪悪感から解放されるためのカウンセリング
10回コース