カウンセリングルーム「フェミニンプラス」なら電話・ライン・チャットで相談できる

タグ: 5回コース

タグ 記事一覧

40代 女性 アルバイト詐欺に合いました。

相談内容 私は40歳の主婦で、夫と小学1年生の息子と3人暮らしをしています。 SNSで荷物を受け取って転送するだけの簡単なアルバイトの募集を見つけ申し込みました。 私は主婦なので比較的家にいる時間も長く、自分のお小遣い欲しさにやることにしたのです。 荷物が届き、指定された場所に宅急便を送るだけで3,000円が振り込まれました。 こんなに簡単なアルバイトならと、どんどん仕事を引き受けていったのです。 中身は精密機器との表示があり、何かの機械だろうと思っていました。 2ヶ月ほどして、購入した記憶のない携帯電話会社からの請求が家に届き詐欺にあったことがわかりました。 求人応募で提出した免許証が悪用されたようです。 現在警察と消費者センターに相談し、お金を取り戻そうとしていますが、夫にこのことがバレてしまい、それ以来、夫は口をきいてくれなくなりました。 安易に始めてしまったことに後悔しながら、夫の信頼をどうやったら取り戻せるのか、今は何をやろうとしてもうまく出来る気がしません。 カウンセラーからのメッセージ 最初は、たった数万円で、家族の信頼を失ってしまい、どうしていいか分からなくなっている状態でした。 詐欺被害や家族関係など、問題は複数あるようでしたが、最初のカウンセリングをする中で、目標は「夫との信頼関係を回復する」ということになりました。 夫とは、話をしようとしますが、お互いに感情的になってしまい、うまく考えていることが伝えられていないようです。 まずは、相談者様の考えがまとまっていなかったので、自分自身の考えをしっかりと見つめ直すサポートを行いました。 感情的にならないよう話をするポイントもお伝えしながら、本音で夫婦で話が出来るためのカウンセリングを行いました。 カウンセリングメニュー・コース トラウマ・PTSDで日常生活を取り戻したい人のためのカウンセリング 5回コース

20代 女性 会社の健診でセクハラに遭いました。内定が取り消されそうでまわりに言い出せません。

相談内容 従業員20000人超えの有名企業に内定をもらい、大学を卒業、4月から社会人となります。 そんな私が性犯罪の被害に遭いました。 2月に内定同期が本社に集められ、健康診断が行われました。 内定者の中には女性も多くいたのですが、担当は40代ぐらいの男性医師でした。 内診のため、上着のすそをまくり、直接胸を見せないようにしたときに、「もっとちゃんとめくって」と注意されました。 それから、明らかに聴診器ではなく男性医師の指が胸に触り、顔を近づけてきました。 怖いという気持ちよりも驚きで固まってしまい、何もできませんでした。 後から怒りがこみ上げてきましたが、騒いで内定が取り消されたらと思うとその場では言い出せませんでした。 両親にも心配をかけるので話していません。 男性医師はその会社の産業医として勤務しており、今後直接仕事をするということはありません。 だからこのまま黙っておこうと考えています。 ただ、この1ヶ月間、泣き寝入りしなければいけないこと対する悔しさでふとした瞬間に涙が出てしまいます。 カウンセラーからのメッセージ はじめて相談に来られたのは、ゴールデンウィークに入る前日でした。 ゴールデンウィーク前後は、五月病のような症状で相談に来られる人が多い中、明らかに他の人とは違う、思いつめた表情がとても印象的でした。 両親は就職できたことをとても喜んでくれているので、相談をすることがとても辛いということ。 友人たちも連休などで予定があり、ゆっくりと話を聞いてもらえる雰囲気ではないし、恥ずかしくて誰にも相談できないということで、思い切ってカウンセリングを受けることを決めたようです。 一か月間、一人でずっと悩んできたこともあって、最初の相談では涙をこらえながら、時には、言葉につまりながらも、一生懸命話をしてくれました。 泣き寝入りするという悔しさは、一か月たっても消えることがなく、ゴールデンウィークという長期の休日で一人で耐えることが出来ないと感じていたようです。 カウンセリングやLINE(ライン)相談を活用して、一人の時間に不安を感じたときの対処法などを実践できるようサポートをさせていただきました。 カウンセリングメニュー・コース トラウマ・PTSDで日常生活を取り戻したい人のためのカウンセリング 5回コース

30代 女性 子どもがいる人が羨ましくて見ていて辛い

相談内容 私は、結婚5年目の30代の主婦です。 夫と二人暮らしをしており、今現在妊活をしています。 結婚してすぐにでも子供をと思っていたのに、なかなか出来ず、不妊治療をしています。 今すごく辛いことは、私よりも後に結婚した友人たちがすぐに子供を産んでいて、それを見ているのが嫉妬するくらい羨ましいんです。 赤ちゃんが欲しいと思って、治療を頑張っているのになかなか出来なくて、なんで私だけ?という気持ちが強くなっちゃって。 夫にも八つ当たりして、今、すごく性格悪いなー自分、って思ってます。 友人たちからは、「子どもまだ?」とか「旦那さん子ども好きなじゃないの?」なんて心無い言葉をかけられることもあって、そんな友人たちと距離を置いてしまう自分がいます。 このまま子供ができなかったら…と考えると悲しくてとっても辛い気持ちです。 カウンセラーからのメッセージ 初めて相談に来られた時、とても素直に感情を表現できる人だなぁと感じました。 妊活をはじめて3年目、年齢も30代半ばで、いつまで妊活を続けるべきかもかなり悩んでいらっしゃるようでした。 まずは、5回コースで「夫婦関係を改善し、夫と妊活に前向きに取り組むこと」を目標として取り組みました。 最初は、どうしても子どもが出来ないというネガティブなことしか見えていませんでしたが、カウンセリングを継続することで「これまで頑張ってきたことや夫の気持ち」にも気づくことができるようになりました。 妊活は一人で取り組めるものではありませんし、妊娠がゴールではなく、妊娠・出産・子育てと長い期間、夫婦で力を合わせなければいけません。 一番身近で、助け合わないといけない夫婦の関係を改善することが、ストレスを軽減し、より妊娠しやすい体作りにもつながります。 5回コース終了後、現在は前向きに妊活に取り組んでいるようです。 カウンセリングメニュー・コース 妊活疲れ・流産・中絶の罪悪感から解放されるためのカウンセリング 5回コース