カウンセリングルーム「フェミニンプラス」なら電話・ライン・チャットで相談できる

タグ: 10回コース

タグ 記事一覧

60代 女性 何度も詐欺被害に遭うのは私が悪いの?

相談内容 在宅で仕事をしている、1人暮らしの女性(60歳、結婚経験あり)です。 恥ずかしながら、これまで何度も詐欺被害に遭ってきました。 つい最近経験したのは、約束した報酬が未払いになる出来事でした。 金額は数十万円のため、被害額としては少なすぎるかもしれません。 しかし、相手に裏切られたという気持ちが大きく、納得できない自分がいます。 もちろん、先方へは連絡しましたが無視されています。 なによりも許せないのは、このような行為を働きながら平然と求人募集をしていることです。 こちらから「求人サイト」に通知すればよいのですが、告白者を特定されても困ります。 これまでの経験から、怪しいと少しでも思ったときは深入りしていません。 口コミなども閲覧してきましたが、いろいろな意見があるため参考にはならないと感じました。 オフラインでの世界が長い私にとって、インターネット上での取引は大変不安です。 それでも、相手を信じないといけないと思います。 そんな私の考えは甘いのでしょうか。また、騙された私が悪いのか悩み続けています。 カウンセラーからのメッセージ 相談に来られた時、過去に詐欺被害に遭ったことや離婚のことなど、淡々とお話いただくことがとても印象的でした。 今はどうしても人を信じることができずに、一人暮らしで誰にも相談できずに、ネットでたまたま見つけたカウンセリングを受ける決断をしたということでした。 過去にあった詐欺被害はどれも数万円~数十万円と、そこまで高額ではありませんでしたが、毎回、相手に騙されたという感情が大きくなって、今では誰も信用が出来なくなっているそうです。 どうして詐欺被害にあってしまったのか、今後どうすればいいのか、他人との関わりをどうしたいかなどを、1年かけてカウンセリングを行いました。 目標は早くに決まりましたが、他人との関わりをずっと敬遠してきたので、コミュニケーションをとる難しさに苦労をしたようです。 現在では、カウンセリングと同時に在宅でのお仕事の紹介も斡旋し、少しずつ信頼できる人や会社を増やすよう努力をしていただいています。 カウンセリングメニュー・コース トラウマ・PTSDで日常生活を取り戻したい人のためのカウンセリング 10回コース

30代 女性 結婚詐欺被害からシングルマザーになりました

相談内容 30代、実家で父母、2歳になる娘と暮らしているシングルマザーです。 なぜシングルかというと、結婚詐欺の被害でお金をとられたからです。 4年前、外資銀行で働いていた頃、飲み会で知り合った8つ年上の元旦那は年よりも大分若く見え、背も高いいわゆるイケメンでした。 最初から結婚前提でお付き合いを初め、私の家の方が職場に近いからと彼が転がり込む形で同棲を始めました。 思えばこの時すでに怪しかったのかもしれません。 プロポーズを待っていたのですが、なかなかされず挙げ句引き出しにあった現金をとられるようになりました。 今度返す、ご飯をご馳走する、など言ってきましたが、実現されませんでした。 しかし妊娠が発覚し、今度こそ籍を入れてくれると思った矢先、音信不通に。 私が出先から帰るともぬけの殻。 あの時は絶望しました。 子供は欲しかったので仕事は辞めて実家に戻り娘を産みました。 大金ではなかったもののお金をとられたこと、結婚前提だったにもかかわらず妊娠したとたん姿を消したこと、未だに悩んでいます。 カウンセラーからのメッセージ はじめて相談に来られた時、とても辛かった想い、お子様と前向きに頑張りたいという想いが伝わってきました。 本来、結婚や妊娠、出産は女性の人生の中でもとても喜ばしい出来事ですが、そのすべてにおいて信じていた彼に裏切られたことが、いまだに思い出し、辛い状況のようでした。 ただ、救いなのが2歳のお子さんがいるということ。 子どもがいなければ、どうなっていたか分からないという相談者様の表情は本当に鬼気迫るものがありました。 今では、誰も信じることができず、実家の両親ともうまくコミュニケーションがとれないとのこと。 カウンセリングでは、両親や子どもの気持ちを考えるところからスタートしました。 2回目で目標を見つけることができ、10回のコースでは目標がブレることなく無事終了しました。 途中から、両親との関係がぎくしゃくしているのは自分自身が壁を作っていたことだと気づき、コミュニケーションがうまくとれるようになってからは、子どもと自分の2人の人生を自分らしく生きるということがどういうことなのか分かったそうです。 カウンセリングメニュー・コース トラウマ・PTSDで日常生活を取り戻したい人のためのカウンセリング 10回コース

40代 女性 子宮筋腫発覚をきっかけに妊活を始めましたが、お金のやりくりが大変でした

相談内容 40代の女性です。 30代前半で子宮筋腫の摘出手術をしました。 筋腫がかなり大きくて半年かけて注射で小さくしてからの手術でしたが、筋腫が発覚したときに妊娠しにくくなると言われ、妊活を始めたのです。 主人は私よりも7歳年下で、まだ社会人になって間もなく年収も少ない状態でした。 私はパートに出ていましたが、通院との両立のため以前より働けなくなり、給料も減ったのです。 私は卵巣機能低下もあり、検査や薬や注射などとにかくお金がかかりました。 名医と言われる病院に通っていましたが、家から遠く交通費もかかります。 手術後も4年間妊活を続けましたが、結局お金がしんどくなってきて心身共に疲れたのもあり妊活はやめました。 妊娠まで長時間かかるケースも多いと思うので、妊活はお金のやりくりも大変です。 カウンセラーからのメッセージ 相談に来られた時は、妊活を辞めるかどうか悩んでいるときでした。 いつまで続けるべきなのか、自分たち夫婦はどこまでやればいいのか、決めかねている様子でした。 続けるにしても、経済的にも、年齢的にも、精神的にも、限界を感じているとのこと。 続けるのか、辞めるのか、夫婦で話をしても答えが見えなかったそうです。 まずは、自分がどうしたいのか、じっくり考えるためのサポートをさせていただきました。 答えや目標が見つかり、夫婦で決断をすることができたとのこと。 一人では決めかねてしまう大きな決断も、夫婦で共有することで、お互いが支えあうことができる本当のパートナーになれたとおっしゃっていました。 カウンセリングメニュー・コース 妊活疲れ・流産・中絶の罪悪感から解放されるためのカウンセリング 10回コース

30代 女性 やっと妊娠できたと思ったら流産してしまった

相談内容 23歳で結婚して現在結婚10年目になるのですが、未だに子供はおりません。 もちろん妊活はしています。 結婚した当初はすぐに妊娠できると思っていたのですが、排卵日を狙ってタイミングを合わせても一度も妊娠に至りませんでした。 1年ほど前に初めて妊娠検査薬が陽性になって、その後病院に行って胎嚢も確認されたのですが、妊娠8週目で流産してしまいました。 主人以外には妊娠したことを伝えていなかったのですが、両家の両親には帰省するたびに子供はまだかと言われてすごくそれがストレスです。 ここまで妊娠しないということは何かしらの不妊だと思うので、金銭的に余裕があるわけではありませんが、どうしても子供が欲しいので、35歳までにできなければ不妊治療をスタートしようと思っています。 子供がたくさんいる人が羨ましくて泣けてきます。 カウンセラーからのメッセージ 初めて相談に来られたのが32歳のときでした。 妊活がうまくいかないこと、流産を経験しとても心が傷ついているのがよく分かりました。 妊活は最近よく耳にする言葉なので、なかなか妊娠できないということは少しずつ浸透しているように思います。 しかし、流産についてはあまり口にすることもありませんし、妊活に比べると情報量は少ないです。 流産を経験していない人は、妊娠すれば必ず生まれてくるものだと思っていますし、まさか自分の周囲の人が流産を経験しているとは思いません。 そんな人たちからの一言にすごく傷ついてしまうんですよね。 最初は、子どもが出来ないことに対して自分を責める考えでいっぱいでした。 カウンセリングを継続することで、信頼して相談できる夫がいることに気づくことができました。 ご主人にも相談しながら、妊活をどうするか、不妊治療についても、前向きに話をすることができ、だんだんと自分を責める考えも減ったようです。 今も妊活を進めながら、メンタルバランスのケアとしてカウンセリングも並行して進めています。 カウンセリングメニュー・コース 妊活疲れ・流産・中絶の罪悪感から解放されるためのカウンセリング 10回コース