カウンセリングルーム「フェミニンプラス」なら電話・ライン・チャットで相談できる

タグ: 性犯罪

タグ 記事一覧

40代 女性 間一髪で逃げ出しました

相談内容 現在40代、3歳の息子と夫の3人暮らしをしている者です。 被害があった当時は20歳の頃、結婚を前提としていた元恋人とアメリカ沿岸を車で旅をしていた時でした。 キャンプ地に着いた時、同じく車で旅をする同世代のカップルがいました。 男性の方は気難しくあまり好きになれなかったのですが、女性がとにかく可愛らしくすぐに打ち解けました。 夜、寝入った頃。 誰かが寝袋に入って来たのに気づき目が覚めました。 暗闇に浮かぶ輪郭は彼氏ではなく、間違いなくカップルの男性でした。 恐怖で凍りつき「やめて!」と叫ぶので精一杯だった私。 私の足を夢中で撫で回す男をなんとか振り切り、テントから脱出しました。 間も無く酔った彼氏が現れ事なきを得、私は泣きながら彼氏に事の顛末を話しました。 しかし、彼は「被害妄想だ」と言うのです。 恋人と一緒の男がそんなことをするはずがない、と。 「僕に何をしてほしいと言うのだ」と怒り始めました。 性犯罪をまともに取り合ってもらえない…彼とも即別れました。 男を立件するためにも何かしらの証拠を残しておくべきでした。 カウンセラーからのメッセージ 「20年も経った相談、私のような相談はあるのでしょうか?」 はじめて問合わせをいただいたとき、こんなに長い間、辛い思いをするなんて思っていなかったようです。 実際、私たちのところへ相談をいただくのは、辛い出来事があった直後よりも、数か月、数年経ってから相談をいただくケースがほとんどです。 この方の場合も、20年経った今でも、当時の出来事を思い出すと辛い思いをしたり、自分自身や当時の彼を責める考えが頭をめぐり、仕事や家事が手につかなくなることもあるそうです。 トラウマやPTSDは初期の対処を誤ってしまい、辛い出来事や感情に蓋をしてしまうと、数十年経っても辛い思いが残ってしまうことも少なくありません。 まずは、当時のできごとを振り返るためのトレーニングを行いました。 一人で悩む時間がとても長かったため、心の傷が深く、じっくり取り組む15回コースで1年かけてカウンセリングを行いました。 カウンセリングメニュー・コース トラウマ・PTSDで日常生活を取り戻したい人のためのカウンセリング 15回コース

20代 女性 会社の健診でセクハラに遭いました。内定が取り消されそうでまわりに言い出せません。

相談内容 従業員20000人超えの有名企業に内定をもらい、大学を卒業、4月から社会人となります。 そんな私が性犯罪の被害に遭いました。 2月に内定同期が本社に集められ、健康診断が行われました。 内定者の中には女性も多くいたのですが、担当は40代ぐらいの男性医師でした。 内診のため、上着のすそをまくり、直接胸を見せないようにしたときに、「もっとちゃんとめくって」と注意されました。 それから、明らかに聴診器ではなく男性医師の指が胸に触り、顔を近づけてきました。 怖いという気持ちよりも驚きで固まってしまい、何もできませんでした。 後から怒りがこみ上げてきましたが、騒いで内定が取り消されたらと思うとその場では言い出せませんでした。 両親にも心配をかけるので話していません。 男性医師はその会社の産業医として勤務しており、今後直接仕事をするということはありません。 だからこのまま黙っておこうと考えています。 ただ、この1ヶ月間、泣き寝入りしなければいけないこと対する悔しさでふとした瞬間に涙が出てしまいます。 カウンセラーからのメッセージ はじめて相談に来られたのは、ゴールデンウィークに入る前日でした。 ゴールデンウィーク前後は、五月病のような症状で相談に来られる人が多い中、明らかに他の人とは違う、思いつめた表情がとても印象的でした。 両親は就職できたことをとても喜んでくれているので、相談をすることがとても辛いということ。 友人たちも連休などで予定があり、ゆっくりと話を聞いてもらえる雰囲気ではないし、恥ずかしくて誰にも相談できないということで、思い切ってカウンセリングを受けることを決めたようです。 一か月間、一人でずっと悩んできたこともあって、最初の相談では涙をこらえながら、時には、言葉につまりながらも、一生懸命話をしてくれました。 泣き寝入りするという悔しさは、一か月たっても消えることがなく、ゴールデンウィークという長期の休日で一人で耐えることが出来ないと感じていたようです。 カウンセリングやLINE(ライン)相談を活用して、一人の時間に不安を感じたときの対処法などを実践できるようサポートをさせていただきました。 カウンセリングメニュー・コース トラウマ・PTSDで日常生活を取り戻したい人のためのカウンセリング 5回コース

40代 女性 性犯罪の被害にあった事をずっと誰にも相談できない

相談内容 私は40代の女性で、夫と子供が2人います。 30代後半で性犯罪の被害に遭い、それを誰にも相談できないのでずっと一人で悩んでいました。 その日は用事があり、珍しく街へ出かけました。 日中で車通りも多く、人もたくさんいたので油断していたのが間違いだったのです。 歩道を歩いていた時に近くに車を寄せた男性がいて、道を聞かれました。 答えようと車に近づいた私の腕を突然摑まれて、そのまま車に無理やり乗せられたのです。 その後は以前漫画で見たような展開でした。 男性の好きにされた私が解放されたのは2時間ほどたってからで、なんとか帰宅してからも体がずっと震えていたのを覚えています。 もう5年前の出来事ですが、今でも忘れる事が出来ず、夫にも他の誰にも話した事はありません。 私が車に連れ込まれたのは交番が目の前にある場所でした。 目撃者もいたのを一瞬見たのですが、痴話喧嘩と思われたのか、助けてくれるという事もありませんでした。 専門家に相談すべきなのでしょうが、なかなかその勇気が出せずにいました。 カウンセラーからのメッセージ 5年間ずっと一人で悩んでいたとのことでした。 はじめは、どこから話していいのか分からず、言葉を選んで無言になることも多くありました。 時間が解決してくれると思っていた時期もあったそうですが、時間が経っても不安が軽減することはなかったそうです。 ご主人に相談するかどうか、これからの人生を子どもと夫のために過ごせるようになりたいとのとで、まずはどんな目標にするかを一緒に考えました。 カウンセリングの目標は、自分自身のことと、家族のこれからのことに分けて決めました。 これまで日々の生活をこなすこともままならなかった状態だったのが、カウンセリングを継続しながら目標へ向かって進むことができるようになりました。 誰にも相談できない悩みは、カウンセラーや専門家へ相談することをおススメしています。 カウンセリングメニュー・コース トラウマ・PTSDで日常生活を取り戻したい人のためのカウンセリング 15回コース

40代 女性 子供が性犯罪の被害者となってしまい、親子でカウンセリングの

子供が性犯罪の被害者となってしまい、親子でカウンセリングのお世話になっています。 家族だから話せないこと、話したくないこともたくさんあって、正直、家族としてのきずなが壊れた状態でした。 カウンセリングでは、自分の気持ち、子供の気持ち、家族の気持ちに気づくことができました。 大切な子供を、家族みんなで支え、乗り越えられる気がしています。 (40代女性)