カウンセリングルーム「フェミニンプラス」なら電話・ライン・チャットで相談できる

タグ: 妊活疲れ・流産・中絶の罪悪感から解放されるためのカウンセリング

タグ 記事一覧

40代 女性 子宮筋腫発覚をきっかけに妊活を始めましたが、お金のやりくりが大変でした

相談内容 40代の女性です。 30代前半で子宮筋腫の摘出手術をしました。 筋腫がかなり大きくて半年かけて注射で小さくしてからの手術でしたが、筋腫が発覚したときに妊娠しにくくなると言われ、妊活を始めたのです。 主人は私よりも7歳年下で、まだ社会人になって間もなく年収も少ない状態でした。 私はパートに出ていましたが、通院との両立のため以前より働けなくなり、給料も減ったのです。 私は卵巣機能低下もあり、検査や薬や注射などとにかくお金がかかりました。 名医と言われる病院に通っていましたが、家から遠く交通費もかかります。 手術後も4年間妊活を続けましたが、結局お金がしんどくなってきて心身共に疲れたのもあり妊活はやめました。 妊娠まで長時間かかるケースも多いと思うので、妊活はお金のやりくりも大変です。 カウンセラーからのメッセージ 相談に来られた時は、妊活を辞めるかどうか悩んでいるときでした。 いつまで続けるべきなのか、自分たち夫婦はどこまでやればいいのか、決めかねている様子でした。 続けるにしても、経済的にも、年齢的にも、精神的にも、限界を感じているとのこと。 続けるのか、辞めるのか、夫婦で話をしても答えが見えなかったそうです。 まずは、自分がどうしたいのか、じっくり考えるためのサポートをさせていただきました。 答えや目標が見つかり、夫婦で決断をすることができたとのこと。 一人では決めかねてしまう大きな決断も、夫婦で共有することで、お互いが支えあうことができる本当のパートナーになれたとおっしゃっていました。 カウンセリングメニュー・コース 妊活疲れ・流産・中絶の罪悪感から解放されるためのカウンセリング 10回コース

30代 女性 ほっと肩の力を抜いたら、妊娠できました

相談内容 30代、現在主人と2人の子供と暮らしています。 結婚当初から子供を望んでいたためすぐに妊活を始め、しばらくして不妊治療で病院に通いました。 タイミング法から人工授精、様々な治療を行いました。 中でも卵管の詰まりが考えられるとのことで卵管造影を行いましたが、これがもの凄く痛い検査で、その後2日ほど全身の痛みに苦しみました。 これで妊娠すればと思いましたが妊娠せず、カウンセラーの先生の勧めで、治療開始から1年程たって少し治療を休むことにしました。 リラックスして妊活のことを忘れて過ごしていたら体調がどうもおかしくなって、まさかと思い検査薬で調べたら妊娠が判明しました。 妊娠しなければ、というストレスが私には良くなかったのかもしれません。 妊活期間は長く感じましたが、振り返って見ると約2年程で子供を授かることができました。 カウンセラーからのメッセージ 妊活をはじめて1年ほど経ったころに相談に来られました。 様々な治療を経験し、心身ともに疲弊しているのがとても伝わりました。 婦人科の先生から「一度妊活をお休みしてみてもいいですよ」と言われ、続けるべきかどうか悩んでいたそうです。 私からも「一度、ストレスから解放されてみると、いい結果につながるかもしれません」とお伝えさせていただきました。 休みたい気持ちと、休んでもいいのかという気持ちが入り交ざって、正しい判断ができているかどうか不安だったようです。 「辞めるわけではなく、頑張れるようになるまで心と体を休めてあげる」という考えになり、思い切って妊活を休むことができたそうです。 カウンセリングメニュー・コース 妊活疲れ・流産・中絶の罪悪感から解放されるためのカウンセリング 10回コース

30代 女性 なかなか成就しない妊活

相談内容 結婚した時にはまさに夢と希望に溢れていた私ですが、周囲からの期待もあっていざ妊活を始めると簡単な道のりではないという事にとてもショックを受けました。 これまで一度やろうと決めて何かをやめたいと思った事は一度もありませんでしたが、人生で初めて「やめたい」と思い始めています。 現在、私は37歳なので高齢出産の年齢になっています。 妊活を始めたのが20代の終わり頃でしたから、10年近くずっと努力を続けている事になります。 一緒に暮らしているのは夫と夫の父・弟ですが、義弟は先日恋人が妊娠をした事をきっかけに結婚する事が決まりました。 言いにくそうに報告されたのがかえって辛かったです。 夫は子供好きで、結婚前からずっと欲しいと言っていたので義弟の結婚話をきっかけに今度夫婦で今後の妊活をどうするか話し合う事になっています。 私は心が折れそうになっていますが、多分夫はもう少し頑張りたいと言いそうな気がしています。 どこまで頑張ればいいのか、頑張って実る日は来るのか、どうしていいかわからなくなりました。 カウンセラーからのメッセージ 相談に来られた当初は「夫や周囲からの期待」に重圧を感じ、その期待に応えられない自分を責めている状態でした。 10年近く妊活を続けていて、心も体も限界。 こんな状態で、義理の弟の結婚も素直に喜べず、とても辛い感情を吐き出していました。 ご主人と話し合いをして、自分自身がどうしたいのか、まったく考えがまとまらないことに戸惑ったようです。 まずは、自分自身がどうしたいのかをじっくり見つめるところから始めました。 ご主人へ自分の考えを伝え、夫婦でこれからどうしたいかを話し合うころには、一人で抱えていたストレスは軽減されていました。 いつまで妊活を続けるか、夫婦で目標を決めることができたことがとても良かったようです。 妊活は夫婦で取り組むべきもので、二人が同じ目標をもっていることで、ストレスを感じても二人で共有して、ストレスを溜めないようにできているようです。 カウンセリングメニュー・コース 妊活疲れ・流産・中絶の罪悪感から解放されるためのカウンセリング 15回コース

30代 女性 やっと妊娠できたと思ったら流産してしまった

相談内容 23歳で結婚して現在結婚10年目になるのですが、未だに子供はおりません。 もちろん妊活はしています。 結婚した当初はすぐに妊娠できると思っていたのですが、排卵日を狙ってタイミングを合わせても一度も妊娠に至りませんでした。 1年ほど前に初めて妊娠検査薬が陽性になって、その後病院に行って胎嚢も確認されたのですが、妊娠8週目で流産してしまいました。 主人以外には妊娠したことを伝えていなかったのですが、両家の両親には帰省するたびに子供はまだかと言われてすごくそれがストレスです。 ここまで妊娠しないということは何かしらの不妊だと思うので、金銭的に余裕があるわけではありませんが、どうしても子供が欲しいので、35歳までにできなければ不妊治療をスタートしようと思っています。 子供がたくさんいる人が羨ましくて泣けてきます。 カウンセラーからのメッセージ 初めて相談に来られたのが32歳のときでした。 妊活がうまくいかないこと、流産を経験しとても心が傷ついているのがよく分かりました。 妊活は最近よく耳にする言葉なので、なかなか妊娠できないということは少しずつ浸透しているように思います。 しかし、流産についてはあまり口にすることもありませんし、妊活に比べると情報量は少ないです。 流産を経験していない人は、妊娠すれば必ず生まれてくるものだと思っていますし、まさか自分の周囲の人が流産を経験しているとは思いません。 そんな人たちからの一言にすごく傷ついてしまうんですよね。 最初は、子どもが出来ないことに対して自分を責める考えでいっぱいでした。 カウンセリングを継続することで、信頼して相談できる夫がいることに気づくことができました。 ご主人にも相談しながら、妊活をどうするか、不妊治療についても、前向きに話をすることができ、だんだんと自分を責める考えも減ったようです。 今も妊活を進めながら、メンタルバランスのケアとしてカウンセリングも並行して進めています。 カウンセリングメニュー・コース 妊活疲れ・流産・中絶の罪悪感から解放されるためのカウンセリング 10回コース

30代 女性 子どもがいる人が羨ましくて見ていて辛い

相談内容 私は、結婚5年目の30代の主婦です。 夫と二人暮らしをしており、今現在妊活をしています。 結婚してすぐにでも子供をと思っていたのに、なかなか出来ず、不妊治療をしています。 今すごく辛いことは、私よりも後に結婚した友人たちがすぐに子供を産んでいて、それを見ているのが嫉妬するくらい羨ましいんです。 赤ちゃんが欲しいと思って、治療を頑張っているのになかなか出来なくて、なんで私だけ?という気持ちが強くなっちゃって。 夫にも八つ当たりして、今、すごく性格悪いなー自分、って思ってます。 友人たちからは、「子どもまだ?」とか「旦那さん子ども好きなじゃないの?」なんて心無い言葉をかけられることもあって、そんな友人たちと距離を置いてしまう自分がいます。 このまま子供ができなかったら…と考えると悲しくてとっても辛い気持ちです。 カウンセラーからのメッセージ 初めて相談に来られた時、とても素直に感情を表現できる人だなぁと感じました。 妊活をはじめて3年目、年齢も30代半ばで、いつまで妊活を続けるべきかもかなり悩んでいらっしゃるようでした。 まずは、5回コースで「夫婦関係を改善し、夫と妊活に前向きに取り組むこと」を目標として取り組みました。 最初は、どうしても子どもが出来ないというネガティブなことしか見えていませんでしたが、カウンセリングを継続することで「これまで頑張ってきたことや夫の気持ち」にも気づくことができるようになりました。 妊活は一人で取り組めるものではありませんし、妊娠がゴールではなく、妊娠・出産・子育てと長い期間、夫婦で力を合わせなければいけません。 一番身近で、助け合わないといけない夫婦の関係を改善することが、ストレスを軽減し、より妊娠しやすい体作りにもつながります。 5回コース終了後、現在は前向きに妊活に取り組んでいるようです。 カウンセリングメニュー・コース 妊活疲れ・流産・中絶の罪悪感から解放されるためのカウンセリング 5回コース