昨日お送りした「傷ついた心を回復させる7日間LINE講座(3日目)」はお読みいただきましたか?
まだの方は、3日目の内容から読んでくださいね。

3日目の講座では、「回復への第一歩は、●●に気づくこと」について説明しました。
あなたの考え方や感じ方が心に大きく影響していることが理解いただけたと思います。

そして、考え方や感じ方のクセに気づくことで、
・あなたの求める「あるべき姿」が見えてくる
・「あるべき姿」の自分になれるよう自己暗示をかける
この2点が大切です。

今回は、「出来ないと感じる時が変われる時」についてお伝えしますね。

※注意※
焦らずムリをしないで、あなたの心にあったスピードで進めることが大切です。

4日目の内容

* 出来ないと感じる時が変われる時

* 感情と上手に付き合うヒント
 「ネガティブな感情」に素直になる

* 心に効くアロマ
  気分が落ち込んだとき

出来ないと感じる時が変われる時

前回「回復への第一歩は、●●に気づくこと」について説明しました。
あなたが考える、あなた自身の「あるべき姿」は見えてきましたか?

ダメだと感じていたあなた自身が変われる瞬間が近づいています。

一歩ずつ進む勇気が出てきたかもしれません。
ただし、うまくいくこともあれば、うまくいかないこともあります。

では、どうすればいいのか?
今回は「出来ないと感じる時が変われる時」についてお伝えします。

頑張ろうとしているココロを認めてあげましょう

カウンセリングに相談に来られている人からもよく聞く言葉です。
「前回のカウンセリングの時、なんとなくうまく出来る気がして、家で試してみたんですが、思ったようにいきませんでした」

これは、このステップメールを読んでいる方からも同じようなメッセージをいただきます。

「なんとなくうまく出来そうな気がした」というイメージ。
私はとても前向きで、進歩したと感じます^^

しかし、皆さんは、「うまく出来なかった」ことばかりを気にしてしまって、「やっぱりまだうまく出来ないんだ」と諦めてしまうようです。

でも、一度よく考えてみてください。
あなたのココロはどれだけのダメージを受けているんでしょうか?
ココロの傷は目には見えないので、外からは分かりません。
しかし、目に見えないココロの傷が、あなたに与える影響は計り知れません。

少し前までは、
笑うこともできなかった。
テレビを見るのもつらかった。
人と会いたくなかった。

こんな心の状態だったあなたが、「なんとなくうまく出来そうな気がした」ということは、どういうことでしょうか?
今まで暗闇だったココロに、光が差した瞬間だったのかもしれません。
あなたのココロが「回復したい」とメッセージを出しているのかもしれません。

出来なかったと諦めるのではなく、このココロの動きに目を向けてあげてください。
ダメな自分ばかりを見るのではなく、頑張ろうとしているココロを認めてあげましょう。

変われる瞬間はふいに訪れる

「諦めずに頑張りましょう。」と言われても、うまくいかないことが続くとやる気も起きませんよね。
私は皆さんにお伝えしたいのは、「ムリはしないでほしい」ということです。

もしかすると、今は、何もやる気が起きないかもしれません。
でも、早く治りたい一心で頑張ろうとしてしまう人がいます。

まずは、ココロの声に耳を傾けてあげてください。
今、「何もやる気が起きない」ということは、今は、ココロの準備が出来ていないということです。
準備が出来ていない時にいくら頑張っても、良い結果が出るはずありませんよね。

しかし、出来ないという気持ちにばかり目を向けて、「ずっと何もしない」ということをおススメしているわけではありません。
あなたのココロはどうすればリラックスできますか?
まずは、あなたのココロをリラックスすることを考えてみてください。

変われる瞬間というのは、頑張っているときに起きるとは限りません。
むしろ、リラックスしている瞬間に、「うまく出来そうな気がした」ので、試してみたら上手く出来た、という声をたくさんいただきます。

焦らずに、あなたのココロのスピードに合わせて進めてみてくださいね。

感情と上手に付き合うヒント

 

「自分の力」だけで解決しなくていい

リラックスをするのも、辛い出来事を乗り越えるのも、何か問題を解決するのも、自分自身の力だけで頑張ろうとしてしまう人がいます。

これまで、
・高すぎる目標は立てない
・自分ひとりでできる限界を知る
・ネガティブな感情に素直になる
をお伝えしました。

どれにも共通するのが、「自分の力」だけで解決しなくていい ということです。

例えば、リラックスをしたい と思ったとき、あなたはどうしますか?
・一人になりたい
・好きなことに没頭したい
・心を許せる人と話をしたい、そばにいてほしい
などいろいろありますよね。

辛い出来事を乗り越えるのも、何か問題を解決するのも、一人では難しいことの方が多いと思います。

気持ちをそのまま伝えることが、わがままだと思って遠慮してしまう人もいますが、素直にどうしたいかを考えてみてください。
そして、一人で出来ないことであれば、誰かの力を借りてみてください。

誰かの力を借りることを「弱い」ことだと思わないでください。
あなたが元気になったときに、力を貸してくれた人へ感謝の気持ちを伝えることができれば良いと、私は考えています。

心に効くアロマ

イライラするとき

アロマオイルの成分を吸い込むと、鼻から脳へと欲求や感情などに深くかかわる大脳辺縁系へ直接伝わります。
アロマオイルの香りを嗅ぐと気持ちが落ち着き、心身のバランスを取り戻す助けにつながります。

おススメのアロマオイル

カモミールローマン
グレープフルーツ
スイートオレンジ
ベルガモット
ラベンダー
パチュリー
サイプレス

4日目のまとめ

「出来ないと感じる時が変われる時」についてご理解いただけましたでしょうか?

出来ないことにばかり目を向けず、変わろうとしているココロを認めてあげてくださいね。
あなたのココロの状態がだんだんと分かってくるのではないでしょうか?
いろいろな感情に気づく時期だと思います。

「言葉にできない感情を整理してみよう」を明日の講座で確認してください。

5日目の内容

* 言葉にできない感情を整理してみよう

* 感情と上手に付き合うヒント
 「後戻り」してもいい

* 心に効くアロマ
  やる気が出ないとき