昨日お送りした「傷ついた心を回復させる7日間LINE講座(1日目)」はお読みいただきましたか?
まだの方は、1日目の内容から読んでくださいね。

1日目の講座では、「あなたの心の状態」を説明しました。
トラウマの症状が出るのが当たり前であることを理解いただけたと思います。

そして、トラウマの症状を軽減するには、
・今のあなたは「安全」であることを理解する
・心の「アラーム」のなる回数を減らしていく
この2点が大切です。

今回は、心をラクにするヒントをお伝えしますね。

※注意※
焦らずムリをしないで、あなたの心にあったスピードで進めることが大切です。

2日目の内容

* 涙を流して泣いて、気持ちをラクにする

* 感情と上手に付き合うヒント
 「自分ひとりで出来る限界」を知る

* 心に効くアロマ
  眠れないとき

涙を流して泣いて、気持ちをラクにする

前回「あなたの心の状態」について説明しました。
そして、心の回復を願うあなたが次に考えることは、「どうすれば早く回復するの?」ということ。

でも、ちょっと待ってください。

ここで焦ってしまうと、あなたの心が回復できる状態にないまま進めてしまうことになり、結果、回復に余計な時間がかかってしまうことになります。

では、どうすればいいのか?
今回は「気持ちをラクにする」ポイントについてお伝えします。

誰にも気づかれないよう、平静を装うことが症状を長引かせる

もしかすると、
・あなたは無理に平常心を装って日々を過ごしていませんか?
・時間が解決してくれるからと、心にフタをしていませんか?

トラウマの症状を軽減するためには、気持ちをラクにしてあげることが大切です。
気持ちをラクにするというのは、言うのはカンタンですが、実践しようとするととても難しいものです。
涙を我慢して、ココロに蓋をしていると、いつまでも自分の素直な気持ちに気づくことができません。

気持ちをラクにする = ココロのメッセージに耳を傾ける

気持ちをラクにする方法

自分の気持ちに素直になって、涙を流して、ココロに溜まったストレスも一緒に流してみましょう。

1)落ち着いた空間で、ゆったりとした気持ちで行いましょう。
 温かい飲み物、ハンカチやティッシュなどもあるとOK。

2)あなたが「なぜ辛いのか、悲しいのか」を考えてみましょう。
 まだ考えることが出来ないと感じたら、中止してください。

3)感じたこと、考えたことを素直な言葉でノートに書いておきましょう。

これは、「気持ちに余裕がない」と感じるときにやってみることをおススメします。

あなたが今日感じたこと・考えたこと と、数日後に感じたこと・考えたこと に違いが出てくるはずです。
気持ちに余裕がない時には、●●な考え方・感じ方だったけど、今は◎◎のように考えるようになった。という感じです。

見方が変わると気持ちがラクになる

気持ちをラクにするというのは、「あなたを苦しめている考えなどを、見方を変えることで正しく状況を把握する」ことです。

あなたは自分自身を責めすぎていませんか?
こうあるべきという考え方にとらわれすぎていませんか?
こうすればよかったと過ぎたことを常に考えていませんか?
自分だけが辛い思いをしているのに、誰もわかってくれないと考えていませんか?

このような考えも、見方を変えることでココロへの負担が軽減されるようになります。
必要以上に自分を責めていることに気づくかもしれません。
自分自身を苦しめる考え方ばかりをしていることに気づくかもしれません。
自分のことだけではなく、周囲のことも考える余裕が生まれてくるかもしれません。

落ち着いて考えることができるようになると、 どうすれば気持ちがラクになるのかも考えられるようになってくるでしょう。

今のあなたが置かれている状況を正しく把握することで、これらの考え方から少しずつ解放されていくはずです。

いきなり気持ちがラクになるわけではありませんが、ゆっくりでいいので、あなたのペースで進めてみましょう。

感情と上手に付き合うヒント

 

「自分ひとりで出来る限界」を知る

あなたは自分の力でなんとか今の状況を良くしようと頑張っているかもしれません。

理想の自分に近づけるためいろいろと努力をしながらも、現実の自分とのギャップで苦しんでいる人から多くの相談が寄せられます。

相談の内容で感じるのは、

「1人で頑張りすぎている」

ということ。

今のあなたが考えるべきことはいろいろとあります。
・お金に関すること
・生活に関すること
・仕事(学校)に関すること
・家族、友人関係に関すること

どれも「自分らしく生きる」ために必要なことです。
何かを頑張りすぎると、何かを犠牲にしなくてはいけないことも出てくるでしょう。

家族や恋人、友人に辛い気持ちを打ち明けることができず、いつもの自分を装って生活するのに疲れた人からの相談がとても多いのです。

理想の自分に執着しすぎることで、自分自身の気持ちをすり減らす・・・
こんな矛盾を必死にしているんです。

このような相談を受けたとき、私がアドバイスしているのは、

「今の現実のあなたを認めてあげてください」

ということ。

理想の自分には程遠いかもしれませんが、今の自分自身を認めてあげることで、「出来ていない自分でもいいんだ」と気づけるようになります。
理想の自分と現実の自分、このギャップに悩むことは減るでしょう。

出来ない自分を認めてあげることで、自分一人で出来る限界が見えてきます。
すると、「出来ないことは誰かに頼ってみる」「出来ないことはやらない」という選択肢も出てきます。
どうしても自分でやらないといけないことがある場合も、そのストレスを自分だけで受け止めるのではなく、誰かに少し共有してもらうことで、あなたのココロの負担も少し減らせるはずです。

自分一人で頑張りすぎているあなた。
あなた自身の頑張りを認めてあげましょう。
今は出来ないことがあったとしても、時間が経てば出来るようになることもあるので、焦らずゆっくりと構えてみましょう。

心に効くアロマ

眠れないとき

アロマオイルの成分を吸い込むと、鼻から脳へと欲求や感情などに深くかかわる大脳辺縁系へ直接伝わります。
アロマオイルの香りを嗅ぐと気持ちが落ち着き、心身のバランスを取り戻す助けにつながります。

おススメのアロマオイル

カモミールローマン
スイートオレンジ
スイートマージョラム
ベルガモット
ラベンダー
サンダルウッド
パチュリー
ローズウッド

2日目のまとめ

「気持ちをラクにする」ポイントについてご理解いただけましたでしょうか?
素直な気持ち、ココロのメッセージに気づくことで、あなたを苦しめている考え方から解放されるための大切なステップです。

あなたが安心して落ち着ける環境を、あなた自身で作ることができるようにするトレーニングにもなります。

そして、一歩ずつココロの回復を進める準備ができました。
回復のための考え方を明日の講座で確認してください。

3日目の内容

* 回復への第一歩は、●●に気づくこと

* 感情と上手に付き合うヒント
 「ネガティブな感情」に素直になる

* 心に効くアロマ
  気分が落ち込んだとき